2014-10-23

ExcelのVBAマクロにてGoogle Analyticsの訪問数・PV数を日ごと集計②

注意


本記事内で利用しているGoogleクライアントログイン(ClientLogin)による認証方式および、Google Analytics API v2.2は現在利用できません
以下に新しい認証方式であるOAuth2.0および、Google Analytics API v3を利用したアクセス方法をまとめていますので、こちらをご覧ください。




前回記事


関連記事



前回はIEをVBAマクロから操作して取得する方法を記載しました。
今回はHTML DOMオブジェクトを操作してGoogle Analytics APIからデータを取得する方法を記載します。

手順は大きく次のとおりです。
①Googleクライアントログイン
②Google Analytics APIアクセスしてデータを取得

HTML DOMオブジェクト操作して指定した期間のセッション数・PV数を取得する



使い方

関数:getPvSessDOMを次のパラメータを指定してコールすると戻りパラメータのlSessとlPvにセッション総数とページビュー総数を返します。

= リクエストパラメータ =
・ sDate : 計測開始日
・ eDate : 計測終了日
・ sUser : Google AnalyticsのGmailアカウント名
・ sPass : Gmailアカウントのパスワード
・ lViewID : 「アナリティクス設定」 > 「ビュー設定」と進み表示される「ビューID」を数値で指定

= レスポンスパラメータ =
・ lSess : セッション(訪問)総数
・ lPv : ページビュー総数

= 呼び出し例 =

総評まとめ


やはり、curlやpythonではなく、Excelから使えることで圧倒的に利便性があがりますね。
(今までの記事は何だったんだろうと・・・)

これを計測したいサイト単位に集計表を作ってループで全サイト取得するようにしたAuto_Open関数を作って、Windowsのタスクスケジューラなどから毎日何時に自動実行といった形で完全オートメーション化も簡単ですね。